Gear

サーフグローブ14選 暖かくて動かしやすい!おすすめグローブ紹介!!

冬サーフィンの必需品となるサーフグローブ。
各社から様々な種類が販売されており、『何を選んだらいいかわからない』という人も居るのではないでしょうか?

今回サーフグローブの種類・そしておすすめ出来る動きやすくて、暖かいグローブを14個、紹介していきたいと思います。

是非見て行って下さい!! 

手っ取り早く、おすすめのブーツを知りたい方は、
目次『4.結局どのモデルがいいの?』をクリックして下さい。

中でも、最もおすすめする3モデルを紹介しています!

海水温度に合わせて選ぼう!

まず、サーフグローブを選ぶときに重要になるのが、『どの位の寒さに耐えたいか?』という点です。

自分のホームポイントが、真冬にどのくらいの海水温になるか、調べた上で、最適なブーツをチョイスしましょう。

日本近海の真冬の海水温ってどのくらい?

引用:気象庁 旬平均海面水温 2019年2月中旬

上の図が、気象庁で公開されている日本近海の2月中旬 海水温です。
暖色(赤・オレンジなど)が暖かく、寒色(青・紫)に向かう程、冷たくなっていきます。

自分の良く通うホームポイントが、何色になっているか確認して下さい。

温度に合わせて厚みを選ぼう!

基本的にグローブの生地の厚みを増やすほど、暖かくなります。
が、当然動き辛さも増していくので、適切な厚みをチョイスしましょう。

黄色・白色 ・・・ 2mm前後
緑色・青色 ・・・ 4mm前後

が生地の厚さの目安になりますので、参考にして下さい。
寒がりな方や、手足が冷えやすい女性は、目安より厚めでもいいと思います。

サーフグローブの種類を知っておこう

サーフグローブって、5本指のスタンダードな形状だけでは無くて、ロブスターやミトンなど複数のタイプが存在します。

それぞれに、長所・短所があるので、説明していきます。

スタンダードタイプ(5本指)

SURF8 MAGMA CORE GLOVES

一般的なデザインの5本指タイプの手袋です。
指がそれぞれ独立していますので、素手と変わらない動きが出来るのがメリットです。
デメリットとして、他のタイプより着脱が面倒なのと、独立している分指先が冷えやすいですね。

比較的暖かい地域の方や、動きを優先する方にお勧めです。

ロブスタータイプ(3本指)

SURF8 LOBSTER GLOVES

親指・人差し指が独立しているのが、ロブスタータイプです。
その名のとおりロブスターのはさみ(手)に似ている事から、付けられた名前です。

メリットとして、指が密集する事で熱の分散が防げる点です。
4・5mmのタイプでは、保温重視でロブスター形状が多く採用されています。
デメリットとして、5本指より動きの制限が出来てしまいます。

次に紹介する2本指のタイプが、“ミトンタイプ”ですが、
サーフグローブの場合は“ロブスター”を“ミトン”という事があります。

混合されて使われているので、その点はご注意下さい。

ミトンタイプ(2本指)

https://www.behindthepines.

親指だけ独立したタイプをミトンと言います。
ロブスター以上に、指が密集するので保温効果は抜群だと思いますが、動きへの制限が大きいです。
特にテイクオフの時、板に手をつく際に、指を広げられないので、バランスを崩しやすいですね。

このミトンタイプは、よほどの寒さではない限りは、おすすめ出来ません。

おすすめのグローブを紹介

それでは、ここから具体的におすすめのモデルを紹介していきます。

紹介するのは、FELLOW・BEWET・SURF8・O’NEILLなど、ユーザーからの評価が最も高いメーカーのモデルになります。

これから購入するなら、上記のような定評のあるメーカーが絶対おすすめです。
安いだけの3流メーカーのグローブだと、動きにくいし、生地はすぐに固くなるし、破けるし、最悪です・・・。

FELLOW(フェロー)

1.サーフグローブ 2mm / 4mm


おすすめ度 5.0点 激おすすめ!!
生地厚さ2種類 2mm/ 4mm
形状5本指
特徴バリアリング
MAXIMAM HEAT
STONE BLOCKSKIN

FELLOWのスタンダードモデルの“サーフグローブ”です。
MAXIMAM HEATと呼ばれる、保温性ストレッチ性の素材が採用されています。
4方向へのストレッチが可能な為、動きやすさは抜群で、付けている事を忘れてしまうような感覚になります。

また、バリアリングと呼ばれる特殊な構造が間口に施されており、水の侵入を防ぎ高い保温性を維持出来ます。

サイズは下記の表を参考にしてください。

サイズ表

2.サーフグローブ ミトン 5mm


おすすめ度 4.5点
生地厚さ冬用 5mm
形状ロブスター
特徴シームレスパワーコーディング
MAXIMAM HEAT
STONE BLOCKSKIN

FELLOWの“サーフグローブ ミトン”です。

寒冷地での使用を想定して、スタンダードタイプより保温性を上げたモデルです。
生地厚を5mmにして、ミトン(ロブスター)形状に変更しています。

また、シームレスパワーコーディングと呼ばれる、つなぎ目から水が入らない特殊なコーティングが施されています。

サイズ表

BE WET・MAGIC(ビーウェット・マジック)

3.ROYAL HYBRID GLOVE 2.5mm / 4mm


おすすめ度 4.5点
生地厚さ2種類 2.5mm / 4mm
形状5本指
特徴AG TITAN 105
F-Checker
MADE IN JAPAN

BE WET(MAGIC)の最上級グレード“ROYAL HYBRID GLOVE”です。

AG TITAN 105を生地内側に内蔵し、チタンとシルバーの効果で人体からの熱を反射し、高保温性を発揮します。更に銀の効果で消臭除菌もこなす高級素材です。

表面F-Checkerはハイストレッチかつ速乾性に優れた素材です。
手にぴったりとフィットして、動きを邪魔しない上に、保温性も高い理想的なグローブです。
また、MADE IN JAPANで品質面には全く心配ありません。

適正サイズは、中指長さが目安になります。

〈中指サイズ〉
XXS(6.0-6.5cm)
XS(6.5-7.0cm)
S(7.0-7.5cm)
M(7.5-8.0cm)
L(8.0-8.5cm)
XL(8.5-9.0cm)

4.ROYAL HYBRID GLOVE MITTEN 2.5mm / 4mm


おすすめ度 4.0点
生地厚さ2種類 2.5mm / 4mm
形状ロブスター
特徴AG TITAN 105
F-Checker
MADE IN JAPAN

上で紹介した、ROYAL HYBRID GLOVEのミトンタイプです。
AG TITAN 105、F-Checkerといった高級素材はそのままに、ミトンタイプに変更したモデルです。
5本指より、着脱が容易でかつ、指が密集する事で熱の分散が防げる利点があります。

こちらも、MADE IN JAPANです。

〈中指サイズ〉
XXS(6.0-6.5cm)
XS(6.5-7.0cm)
S(7.0-7.5cm)
M(7.5-8.0cm)
L(8.0-8.5cm)
XL(8.5-9.0cm)

5.PRIME GLOVE 1.8 / 2.5 / 4mm


おすすめ度 4.0点
生地厚さ3種類 1.8 / 2.5 / 4mm
形状5本指
特徴R-Checker / S2

日本のウェットスーツメーカーBE WET(MAGIC)のスタンダードモデル“PRIME GLOVE”

圧倒的な伸縮性をもつ、起毛素材を採用し動きの妨げは全くありません。
更に、素材自体が吸湿発熱を備えており、保温性の高さも兼ね備えたグローブです。

〈中指サイズ〉
XXS(6.0-6.5cm)
XS(6.5-7.0cm)
S(7.0-7.5cm)
M(7.5-8.0cm)
L(8.0-8.5cm)
XL(8.5-9.0cm)

6.Prime Mitton GLOVE 2.5mm / 4mm


おすすめ度 4.0点
生地厚さ2種類 2.5mm / 4mm
形状ロブスター
特徴Silky Mesh Skin、T-105r

上で紹介した、PRIME GLOVEのミトンタイプです。

素材はT-105rと呼ばれる中空素材を材料しており、圧倒的な保温性を誇ります。
また、動性能と耐久性を兼ね備えるマテリアルバランスを採用しており、実用性の高いグローブとなっています。

〈中指サイズ〉
XXS(6.0-6.5cm)
XS(6.5-7.0cm)
S(7.0-7.5cm)
M(7.5-8.0cm)
L(8.0-8.5cm)
XL(8.5-9.0cm)

SURF8(サーフエイト)

7.スムース ラバー グローブ 2mm / 3mm


おすすめ度 4.5点
生地厚さ2種類 2mm / 3mm
形状5本指
特徴X-FLEX、ウォーターブロックラバーシステム

こちらも日本発のブランドSURF8が、発売するグローブを紹介します。

最初はスタンダードモデルの“スムース ラバー グローブ”です。
生地は2mm or 3mmと比較的に薄く、高伸縮ジャージ素材を使っていますので、運動性は抜群ストレスゼロです。

手首には、水の侵入を防ぐ“ ウォーターブロックラバーシステム“が採用され、水の侵入を最大限ブロックし、保温力を高めてくれます。

8.ロブスターグローブ 4mm


おすすめ度  4.5点
生地厚さ手の甲 4mm、手の平 3mm
形状ロブスター
特徴NANORED

SURF8のロブスターグローブタイプです。

生地はNANOREDと呼ばれる起毛ジャージ素材が採用されています。
特徴は、遠赤外線放射・吸湿拡散・起毛蓄熱保温3つの機能を持ったSURF8 独自開発の素材が採用されています。

また、手の平・甲側で厚みを変更する事で、動きやすさも向上させているグローブです。

9.マグマ コア ラバーグローブ 1.5mm


おすすめ度 5.0点   激おすすめ!!
生地厚さ1.5mm
形状5本指
特徴スーパーファーベストマグマコア
MADE IN JAPAN

SURF8の最上級モデル“マグマ コア ラバーグローブ”です。

海水温10 度を下回る寒冷地向けに開発されたにも関わらず、生地の厚さは1.5mm!!
生地が薄くても、最新テクノロジーを駆使し生地の品質を上げる事で、実現した寒冷地モデルです。

その秘密は、スーパーファーベストマグマコアと呼ばれる起毛生地です。
強力赤外線を発する機能糸を折込み、着用部の血流を促進させる事で保温効果を高めます。
更に型紙・生地・縫製・加工すべてにおいて100%Mede In Japanにこだわったグローブです。

高機能・高品質では、他の追随を許さない、おすすめグローブです。

〈中指サイズ〉
2XS:6-6.5cm
XS:6.5-7cm
S:7-7.5cm
M:7.5-8cm
L:8-8.5cm

10.ストーブグローブ 2.5mm


おすすめ度 4.5点
生地厚さ2.5mm
形状5本指
特徴スーパーファーベストマグマコア、MADE IN JAPAN

上で紹介した“マグマ コア ラバーグローブ”と同様の生地を使っており、
更に生地厚を1.5→2.5mmにアップさせることで、更なる寒さにも耐える事が出来るモデルです。

こちらも、生地・縫製・加工すべてMede In Japanとなっています。

更に、ウォーターブロックラバーシステムを採用していますので、水の侵入を最大限抑える事が可能です。

O’NEILL(オニール)

11.PSYCHO SL 1mm / 2mm / 2×3mm


おすすめ度 5.0点 激おすすめ!
生地厚さ3種類 1mm / 2mm / 2×3mm
形状5本指
特徴フリュードシーム

世界的なサーフギアメーカーO’NEILLから、スタンダードモデル“PSYCHO SL”の紹介です。

超軽量で耐久性も高いシングルライングローブ、表面はメッシュスキン地で、手の平には補強素材を、接合部にはフリュードシームによって目止めしており防水性能も高い。

グローブは、生地の厚さ別に1mm / 2mm / 2×3mmの3種類展開です。

↓適正サイズは、指の付け根回りを基準にしてください。

12.PSYCHO DL 1.5mm / 3.5mm


おすすめ度 4.0点
生地厚さ2種類 1.5mm / 3.5mm
形状5本指
特徴フリュードシーム

上記で紹介した“PSYCHO SL“から動きやすさ&保温性を進化させた、ダブルライングローブです。

素手のような感覚を再現しており運動性能抜群で、フリュードシームとの相乗効果により水の侵入を最大限防ぐ事が可能です。

内側素材に、保温性の高いTBファイヤーウォールを採用しており、保温性も高いモデルです。

13.PSYCHO ICE GRIPPER MITTEN 3mm / 5mm


おすすめ度 4.5点
生地厚さ2種類 3mm / 5mm
形状ロブスター
特徴ウルトラフレックス/メッシュリペルスキン

O’NEILL寒冷地仕様、保温性抜群のミトングローブです。

内部は水を吸わないリペルスキン素材を採用、表面にはウルトラフレックスチジャージで動きやすさを確保しています。
手の平には、滑り止め加工付きです。

O’NEILLの中で、最も寒冷地で耐える事が出来るグローブです。

14.PSYCHO ICE GRIPPER 4mm


おすすめ度 4.5点
生地厚さ2種類 3mm / 5mm
形状5本指
特徴ウルトラフレックス/メッシュリペルスキン

上で紹介したICE GRIPPER MITTENの5本指モデルです。

5本指モデルにする事で動きの幅が広がっています。
こちらも同じく、ウルトラフレックス/メッシュリペルスキンが採用されています。
寒冷地でも耐える保温性と、機動性を併せ持った最上級グローブです。

結局どのモデルがいいの?

14種類のサーフグローブを紹介しましたが、レベルが高いものだけを紹介しましたので、何を選んでも失敗は無いと思います。

『そー言われても中々決めきれないよ』という人に向けて、さらにおすすめのモデルを紹介したいと思います。


↑ 1.FELLOW サーフグローブ 2mm / 4mm

こちらFELLOWのサーフグローブは、保温性と動きやすさが高いレベルで実現されているにも関わらず、価格も4,000円以下とコストパフォーマンスに優れたモデルです。
やはり、人気も高くよく売れるモデルですね!!


↑ 9.SURF8 マグマ コア ラバーグローブ 1.5mm

海水温10 度を下回る寒冷地向けに開発されたにも関わらず、生地の厚さは1.5mm!!
生地の薄さによる動きやすさは圧倒的です。
似たような性能が多い、サーフグローブの中で、唯一とがった性能を持つグローブですね。
動きやすさ重視の方にお勧めです。

以上、おすすめのサーフブーツでした。
冬のサーフィンも頑張っていきましょう!

『いい情報だな』と思っていただけたら、下記のSNSボタンで、記事のシェアをお願いします。

サーフボードプレゼント企画!フォロー&リツイートで応募!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です