Gear

FIN BITE(フィンバイト)徹底レビュー!! FCS2フィンをサーフボードから簡単に着脱する事が出来るのか?

現在、主流となっているフィン着脱システムのFCS2

これまでと違いねじを回して着脱する必要が無く、ワンタッチでフィンを切り替えられる為
画期的なフィンシステムとして、シェアを急速に拡大しています。

しかし、欠点はその着脱時の“かたさ”です。
サーフィン中にフィンが外れないように、するためにある程度のかたさは、必要かと思いますが
組み合わせによっては、かたすぎて着脱に手こずる方も多いのではないでしょうか。

思い切り体重を掛けてやりたいけど、ボードはすごくデリケートで下手に力を入れればクラッシュする可能性があり恐い。
そもそも、女性や子供ではいくら力を掛けても、着脱出来ない場合もありますよね。
出来たとしても、手にフィンが食い込んで痛い・・・。

そんな悩みを解決する為、開発されたのがFIN BITE(フィンバイト)です。

今回、フィンバイトを購入してみましたので、本当に簡単に着脱出来るか?
検証してみることにしました。

FIN BITE(フィンバイト)の特徴

サーフボードリペアーシステムを手掛ける、SURF-AIDが開発したフィン脱着ツールが、フィンバイトです。
FCS2の着脱はもちろん、FUTURESの取り外しまで行える万能アイテムです。

日本製という事もあり、品質は安心できますね。

実物はこちらです。
オカリナのような、ブーメランのような不思議な形をしています。
中はこのようにフィンが入るように、くり抜かれています。

プラスチックは分厚く、簡単に壊れるような作りでは無さそうです。
 
表面はツルツルしており、手で握る部分はグリップしやすいように、凹凸形状になっています。


ユーザーレビューでの評価は?

ユーザーレビューの評価はどうか調べてみました。

評価:5点
すごく良いです。力いらずで簡単に脱着出来ますのでお勧めです

Amazon、楽天、Yahooより レビュー評価引用

この1件しか、ありませんでした・・・・。
まだ発売から時間が経っていないので、レビューも少ないみたいです。

実際にフィンを着脱してみた

それでは、実際に使用してみたいと思います。

使うサーフボードとフィンは、こちら
私の手持ちで、最強にかたくなる組み合わせです。
不良品ではないか?と疑うほどかたいです・・・。

FCS2フィン取り付け時

まずは、いつもどおりにフィンをフィンボックスに差し込みます。
ここで、フィンの上からフィンバイトをかぶせるようにします。
 
フィンバイトの先端を、押し下げます。

『ボコっ・・・』

簡単に入ってしまいました。
今まであんなに苦労していたのに、拍子抜けするぐらい簡単でした。

これなら、お子さんでも何とか入れられると思います。

FCS2フィン取り外し時

次にフィンを取り外してみたいと思います。

先ずは、FCS2からです。
先程と同様に、フィンの上からフィンバイトをかぶせます。
 
先端を持って、今度は引き上げます。

『バコっ・・・』

こちらも簡単に、取り外す事が可能です。

今までは、タオルをグルグル巻きにして、昇竜拳を食らわせて外していました。
もうこれで、そんな過去ともおさらばです。

FUTURESフィン取り外し時

次にFUTURESフィンです。

使用するボードはこちらです。
長年着けっぱなしにして、塩で固まっているので相当固いです。
(先日、類似品のフィンプラーという製品を試した時に、サイドフィンを外してしまったので、今回はセンターで試してみます)

FUTURESの場合FCS2とは逆で、フィンの前側を浮かせるように、先端を引き下げます。
逆方向に力を掛けてしまうと、破損する可能性があるので注意してください。

同様に、フィンの上からフィンバイトをかぶせます。
そして、先端を引き下げるように押し込みます。

『スカッ・・・。』

塩が入り込んでかなり固い思いますが、それより先にフィンバイトが抜けてしまいます。

フィンの前方を浮かせようとすると、フィンのアーチに沿ってバイトが抜けてしまい、力が入りません。

説明書では先端を持つと、抜けやすいと書かれていますが、根元を持つとテコの原理が使えません。
ただの手を保護するカバーにしかなりません。

何とか体重を掛け、抜けないようにしながら、押し下げる事で抜けましたが、フューチャーは期待しない方がいいです。

 

他にも、気になった点が二つあります。
一つは、フィンとフィンバイトの接点が刃先になっている点です。

このように、フィンの刃先が接点になっているので、着脱の力が刃先に集中してしまいます。
数回、着脱した感じではキズは残りませんでしたが、頻度が多い方は注意が必要です

もう1点は、表面がツルツルしていて、少し滑りやすいです。
握りやすいように、形状は工夫してくれて有りますが、少し不安が残ります。
 
特に水にぬれた際には、注意が必要と感じました。 

まとめ

レビューまとめ

・日本製で品質は安心
・FCS2の着脱は簡単に出来る
・FUTURESフィンを抜くときに、バイトがずれて使いにくい
・着脱時にフィンの刃先に力が掛かるので、傷が出来やすい
・表面がツルツルして滑りやすい

以上、FIN BITE(フィンバイト)のレビューでした。
いかがだったでしょうか。


FCS2フィンの着脱は本当に簡単に出来ますし、価格も安いので、おすすめ出来る商品です

 

また類似製品の『フィンズアウト』『フィンバイト』との比較を下記の記事で行っていますので、是非ご覧になって下さい。

FCS2フィン着脱ツール徹底比較レビュー FINPULLER (フィンプラー) vs FIN BITE(フィンバイト) vs Fins Out(フィンズアウト)現在、主流となっているサーフボードのフィンシステムのFCS2 これまでのように、ねじを回して着脱する必要が無く、ワンタッチでフィンを切り...

 

『いい情報だな』と思ったら、下記のSNSボタンでシェアをお願いします。

サーフボードプレゼント企画!フォロー&リツイートで応募!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です