その他 サーフギア

アップルウォッチレビュー!海でサーフィンして防水機能やDawn Patrolを試してみた!ライディングルート/速度/距離/時間が一目瞭然!

Hako

アップルウォッチ買っちゃったー
サーフィンには最高の時計だよ!

くじら

アップルウォッチ付けながらサーフィン!?
壊れない?大丈夫?
何が最高なの??

スマートウォッチとして一番有名な『アップルウォッチ』ですが、防水性能があるので海水浴やマリンスポーツで使用しても大丈夫なのか?

気になる方も多いのではないでしょうか?

高価な時計なので、サーフィンで壊れたり・水没したらショックですよね・・・。

そこで、今回は私が実際に購入しサーフィンして本当に大丈夫か?検証してみる事にしました。

また、合わせておすすめの便利機能やモデル種類、注意点なども説明していますので、是非ご覧になってください。

検証結果を早く知りたい方は、〔4.海でサーフィンしても大丈夫?〕からご覧ください。

アップルウォッチが、サーフィンに便利な理由4つ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
クジラちゃん

アップルウォッチって何の意味があるの?
海にまで付けていくのはちょっと・・・。

Hako

そうだよねー
ほとんどの人が海に持ってくのは抵抗あると思うよ。
でも、その便利さに気付くと手放せなくなるよ!

そもそもアップルウォッチって、何の為に海に着けていくのかご存じでしょうか?

時間を見るだけなら、こんな高価なものをつける必要はありませんよね。

アップルウォッチを海に付けていくメリットについて説明していきます。

サーフィン専用アプリ『Dawn Patrol』がすごい!

https://www.dawnpatrol.cloud/

まず、最大の目玉はサーフィン専用アプリ『Dawn Patrol』(ドーン・パトロール)を使用できる点です。

何がすごいのかというと・・・

  • ラインディングスピード測定&ランキング
  • ライディング本数
  • ライディング時間
  • ライディング距離
  • ライディングコースのMAP表示
  • サーフィン時間
  • タイドグラフ/風向き/風速 表示
  • 心拍数測定
  • 消費カロリー

・・・と、これらの情報が自動で取得出来る、とんでもないアプリです。

ライディング中でも見る事が出来ますが、これらの情報は後でスマートフォンをとおして自分のライディングを分析する事が出来ます。

  • 今日は何本乗ることが出来たか?
  • あのライディングはどのくらいのスピードが出ていたか?
  • インサイドまで乗ることが出来ていたか?
  • どのタイドで、どこのブレイクがいいのか?

など、日常のサーフィンに新たな刺激を与えてくれる事間違いなしです!
特に友人との比較や、ボードごとのパフォーマンス比較ではかなり役に立ちそうです!

ちなみに、結果をインスタグラムで共有する事も出来るので『今日いいだったよー』を数値化して伝えられますね!

自分のサーフィンが丸裸になってしまう恥ずかしさはありますが、上達のモチベーションも高まりそうです。

海の上でも通話やメッセージが出来る!

なんと!
海の上からでも通話やメッセージが可能です。

入っているポイントの波情報をシェアするなど、仲間とのコミュニケーションは当然ですが、会社からの電話や、緊急連絡があった場合でも安心です。

また、陸上からの指導や、試合中のコーチングにも使えますね。

アップルウォッチには、『GPS』と『GPS+セルラー』の2モデルが存在します。
通話を行いたい場合は、必ずアップルウォッチの『GPS+セルラー』を購入しましょう。

実際に海と陸上で会話している動画が下になります。
参考に載せておきます。

また、遭難しかけた時にアップルウォッチがあって、一命を取り留めたサーファーがニュースになっていました。

セルラーモデルであれば、万が一の時でも安心感がありますね。

私は価格の安さで『GPSモデル』に決めました。

ちなみに、アップルウォッチ同士ならGPSモデルでも『トランシーバー』のアプリで無料通話が可能です。

遠隔でビデオ撮影が出来る!

アップルウォッチはペアリングしているiPhoneやiPadで遠隔撮影が可能です!

iPhoneを車や浜などにセットして置けば、離れていても記念写真やライディングの撮影が出来ますのでサーフィンの上達やトリップの思い出作りにも一役買ってくれます。

上記画像のように、アップルウォッチに画像が映し出されるので写真映りもバッチリです。

この機能は、アップルウォッチがiPhoneやiPadのBluetooth圏内(約10m)で無いと使えません。
海の中からでは届かない場合が多いので、一旦近づく必要があります。

波情報を取得出来る!

海にすでに入っているのに、今後の波情報や、他のポイントが気になる事ってありませんか?

そんな時に便利なのがアップルウォッチです!

特に波情報で有名な『なみある』もアップルウォッチ用のアプリをリリースしており、波情報/タイド/風/ウネリなどの情報を見る事が出来ます。

その他の便利機能

サーフィンとは直接関係しませんが、その他にも多くの便利機能が使えるので日常生活でも非常に便利です。

代表的な便利機能をいくつか紹介します。

  • スマート決済(Appleペイ/PeyPey/Suica etc.)
  • 健康管理
  • 睡眠管理
  • 音楽再生
  • Siri呼び出し
  • LINEメッセージ確認/送信
  • スポーツトレーニング管理
  • ナビ
  • バンド交換
  • 文字盤変更

・・・など

この他にもアプリによって機能を追加していけるので自分のライフスタイルに合わせてみてはいかがでしょうか?

アップルウォッチ種類と選び方

アップルウォッチには、複数の種類が存在します。
それぞれの特徴を簡単に解説していきますね。

Series 3 / 5

左がSeries3 / 右がSeries5

まず、大きな違いはシリーズです。
iPhoneのように毎年1回モデルチェンジがあり、現時点の最新は、Series 5の2019年モデル。

現在、販売されているのは、最新Series 5と廉価版Series 3の2モデル。
Series3 は機能やサイズで若干劣る判明、価格が半分以下とコストパフォーマンスは抜群です。

以下に比較表を作成しておきます。

項目Series 3 Series 5
画面38mm/40mm
四角ディスプレイ
40mm/44mm
ベゼルに合わせた楕円ディスプレイで30%表示領域増加+常時表示
本体厚み11.4mm10.7mm
プロセッサS5S3
追加機能電子心拍センサー
第二世代心拍センサー
加速度センサー etc.
販売価格19,800円
(38mm GPSモデル)
42,800円
(40mm GPSモデル)

主な違いは上記になります。

特に画面の表示領域が大きくなった&常時表示になったのは一番分かりやすい点です。
以下の動画で違いを詳しく説明してくれていますので参考にしてください。

GPSとセルラーモデルの違い

アップルウォッチには『GPS』と『GPS+セルラー』という2つのモデルが存在しています。

セルラーとはLTEを使ったモバイル通信に対応したモデルで、近くにiPhoneが無くても通話が可能です。

海で通話したい方は『GPS+セルラー』を選択する必要があります。

GPS+セルラーの機種を購入しただけでは通話は出来ません。
契約キャリアとオプション契約が必要です。

・ドコモ → ワンナンバーサービス 月額500円
・au → ナンバーシェア 月額350円
・ソフトバンク → モバイル通信サービス 月額350円

画面サイズ

アップルウォッチには、シリーズごとに2種類の画面サイズが存在しています。

基本的には好みでいいと思いますが、Series 3を購入する場合は小さい画面38mmの方が1万円以上安くなるのでおすすめです。

アップルウォッチの選び方まとめ

選び方まとめ

〔Series3 or Series5〕
 違いは画面サイズや常時表示の有無がメイン、
 Series3 でも全く問題無し!

〔GPS or GPS+セルラー〕
 海の上で通話したい方は『GPS+セルラー』モデルを選択!

画面サイズ
 サイズは好みでOK! ただしSeries3は38mm一択!

各シリーズの価格表は下記です。
※価格からAmazonショッピングページにリンクしています。

シリーズサイズGPSGPS+CELLULAR
Series 338ミリ19,800円~
激おススメ!!
30,800円~
Series 342ミリ32,800円~45,800円~
Series 540ミリ42,800円~53,800円~
Series 544ミリ45,800円~56,800円~

ちなみに私は、Series3の38mmGPSモデルを購入しました。
このモデルだけ圧倒的にコスパがいいのでおすすめですよ!!

海でサーフィンしても大丈夫?

アップルウォッチSeries 2~5の耐水性能は、公式ホームページでこのように表現されています。

Series 2 以降には、ISO 規格 22810:2010 に基づく水深 50 m の耐水性能があります。

Apple公式HPより引用

上記は『水深50mでも大丈夫』と言っている訳ではありませんので注意してください。
一般的に使われる基準で『5気圧防水』と同等になります。

スキューバダイビング等の高い水圧が掛かる場合壊れてしまいますが、プールや海などでの使用は問題ありませんので安心してください。

公式ホームページでも下記ように説明されています。

Apple Watch Series 2 以降は、プールや海で泳ぐなど、浅い水深での利用に対応しました。
ただし、Apple Watch Series 2 以降を装着したまま、スキューバダイビング、ウォータースキーなど、水圧が高くなったり、所定の水深より深く潜るようなアクティビティを行うことは想定していません。

Apple公式HPより引用

詳しくは後述しますが、
私も購入したアップルウォッチで何回も海に出かけていますが、問題無く使えています。

海外では多くのプロサーファーやボディボーダーも愛用しています。

また、ニュースにもなりましたが、サーフィン中に紛失したApple Watchが、6ヶ月後に無事な状態で打ち上げられていたというニュースもありました。

6か月も波にさらされ続けて無事という事は、それだけの耐久性がありそうですね。

実際に海でアップルウォッチを使用した感想

それでは実際に、アップルウォッチをサーフィンで使用した際の感想を紹介していきます。

サーフィンでの商品レビュー

私が購入したモデルは『Series3 GPSモデル 38mm』で、価格は22,000円位でした。

商品はAmazonで注文し翌日には到着しました!
(さすがAmazonめちゃくちゃ早い・・・。)

早速開封します!

製品に付属しているのは、
専用のワイヤレス充電器と、純正のスポーツバンド長さ違いの2種類です。

純正のスポーツバンドは、サイズ調節穴に留め具を差し込んだ後、末端を穴に通して手首内側に巻き付ける感じです。

シンプルな構造ですが、しっかりとホールドされます。

バンドが非常に柔らかく、着けている感じを忘れる位にいい感じです。

バンドサイズは2種類存在します。
どちらにするか迷いましたが、サーフィンで使うならより外れ難そうな長いバンドにしました。

右:長いバンド / 左:短いバンド

サーフィン中、ボードなどと接触してしまう事もあると思うので、市販の本体カバーを購入しました。

一回り大きくなってしまいますが、無ければすぐにキズだらけにすると思いますので仕方ありませんね。

サイズは、G-SHOCKのスクエアタイプとほぼ同等です。

横幅は少し小さい位なので、テイクオフなどの動作でも違和感はありません。

早速、必要な設定や『Dawn Patrol』などのアプリをインストールして海へ!

結果として、防水性には全く問題ありませんでした!!

2週間程度で、ヒザ~アタマの波で試してみましたが、当然浸水は無くしっかりと動作していました。

1点きになるのは純正のバンドです。
穴に留め具を入れているだけなので、サイズ調整の時に水中に落としそうで怖かったです。

出来れば信頼性の高い、下記の『URBAN ARMOR GEAR』が発売しているようなバンドがおすすめです。

リーシュコードの様にマジックテープで止めるので、自分から剥がそうとしない限りは取れる心配はありません。

Dawn Patrol のレビュー

では、次にDawn Patrol(ドーン・パトロール)を紹介していきます。

まず、アプリをダウロードして設定を済ませ、海に入る前に『Start Surfing』のボタンを押します。

サーフィン中は、下記の画像の様に

  • ライディング本数
  • 総ライディング数
  • 総ライディング時間
  • サーフィン時間
  • 心拍数

上記が表示されています。
(心拍数は設定ミスで表示されていません。すいません・・・。)

ライディング直後には、そのライディングの

  • 最高速
  • ライディング距離
  • ライディング時間

・・・が表示されます。

客観的な数値で評価してくれるので、毎回ライディング後にアップルウォッチを見るのが楽しみになります。

ヒザ程度の波でもしっかりと感知してくれますので、かなり正確性が高いように感じました。

iPhone本体では、さらに詳しい情報が表示されます。
下記の様にライディング1本1本のルートまで、表示する事が可能です。

『どこのブレイクが良かったのか?』『レギュラーとバックサイドの違いは?』などMAPを見ながら分析が可能です!

また、表示を変えるとテイクオフに失敗した(波に置いて行かれた)ライディングも表示されます。

下記の画像で、✖が表示されているラインです。

下記の様に、ライディング結果をワンタッチでSNS共有する事も可能です。

ライディングデータは全てiPhoneに蓄積され、ランキング形式でこれまでのベストライディングのデータを見る事が可能です。

自分の上達が数値化出来ますので、やる気も出ますし、上達の意欲も上がりますね!!

また、ボード別にも結果を管理出来るので、調子の判断にも非常に役に立ちます。

使用後のお手入れ

実際に使用した後のお手入れの仕方について説明していきます。

塩が残ると劣化を速めてしまいますので、なるべく丁寧に行いましょう。

  1. 海から上がったら乾燥しないうちに、弱めの水流でぬるま湯を出して10~15秒ほどすすぎましょう。
    (私はポリタンク内の、ぬるま湯の中に数分浸けています)
  2. ダイヤルと本体の隙間をしっかりと流水で洗います。
  3. 柔らかい布で水分をふき取り
  4. Digital Crown を回して画面の防水ロックを解除する。
    (自動で音が鳴りスピーカーから水が排水されます。)

洗剤などでの使用は、防水パッキンの劣化を速めるのでNGです。
一緒にお風呂に入るのも、辞めておいた方がいいですね。

アップルウォッチまとめ

アップルウォッチ サーフィンまとめ

〔アップルウォッチがサーフィンに便利な理由〕
・ライディングの速度/距離/時間/ラインなど管理出来る。
・海上でのメッセージ&通話が可能(※セルラーのみ)
・iPhoneでの遠隔撮影が出来る(※10m以内)
・波情報を取得出来る

〔アップルウォッチの種類と選び方〕
・シリーズ3/5の2種類
・画面はシリーズごとに2種類
・通話可能なセルラーか、出来ないGPS 2種類

〔海でサーフィンしても大丈夫?〕
・水深 50 m の耐水性能(5気圧防水相当)で問題無し。
・実際のレビューでも浸水無し。

〔実際のサーフィンレビュー〕
・全く問題無し!!
・モチベーションが上がる!!

サーフィンのデータを管理出来るアップルウォッチのおかげで、サーフィンの楽しさや上達速度が格段に向上します。

サーフィンだけではなく、その他スポーツやアクティビティ、日常生活にも活用出来る最高の時計です!!

是非、一度試して見て下さい。

※価格からAmazonショッピングページにリンクしています。

シリーズサイズGPSGPS+CELLULAR
Series 338ミリ19,800円~
激おススメ!!
30,800円~
Series 342ミリ32,800円~45,800円~
Series 540ミリ42,800円~53,800円~
Series 544ミリ45,800円~56,800円~


↓私も購入した激おススメ『シリーズ3 GPS 38mmモデル』!!

ブログランキングに参加しております! いい情報だなと思えばクリックお願いします!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です