Gear

最高のバケツ!TOOLS( ツールス)四角いバケツ! 私がおすすめする理由を解説します。サーフィン・ウェットスーツを脱ぐときに大活躍!

サーフィンやダイビングを楽しんだ後、面倒なのが片付けですよね。
その片付けを楽にする為のアイテムとして、定番なのが画像にある大きめのバケツです。

バケツの中に入ってウェットスーツを脱ぐことで、直接地面触れずに、着替えを済ます事が出来ます。

しかも、そのまま水を浴びる事で、バケツに水が溜まり、脱いだウェットも水洗いが出来るので、一石二鳥ですよね。

車で移動するサーファーで、持っていない人は、居ないんじゃないかと言う位、みんな使っています。

そんな皆が使っているバケツで、
私が一押しする『TOOLS WATER BOX』を紹介します。

私は、ダントツでこのバケツが一番だと思っています!
なぜそう思うか?理由を解説していきます。

是非、参考にしてもらえると嬉しいです。

 

TOOLS WATER BOXがおすすめの理由

サーフィン用のバケツについて、販売されている種類は多いですが、大体みんなが使っているのは、使いやすさ・コストパフォーマンスが高い画像の2種類です。

四角いバケツの『TOOLS WATER BOX』か、丸いバケツの『TUBTRUGS FLEX バケツ』ですね。

二つとも買った事がある私が、おすすめするのは、断然TOOLSの四角いバケツです。 

 


広くて楽に着替えがられる!

最初は、丸いTUBTRUGS FLEX バケツを使っていましたが、TOOLSの四角いバケツに変えた時に、最も感じたが『広い』でした。

製品サイズ:幅50cmx高さ35cmx奥行き37cm


面積的にも広いですが、
なんかこう足の収まりがいいというか、足を動かせる幅が広がったと感じました。

おそらく四角い形状の影響で、足の置き場が増えたからだと思います。
これで、かなり着替えやすくなりました。

あと、足の置き場が増えたので、バランスを崩しにくくなりました。
着替えの時、重いポリタンクを持ち上げて、頭からジャブジャブかぶるのですが、バランスを少し崩す事があります。(最悪の場合、コケる人もいます。)

また、面積が広いので、ポリタンクでかぶった水が、しっかりバケツに収まります。
溜まる水が多いと、ウェットが洗いやすいので、そんな面でもメリットあります。

ちなみに、電動シャワーがあると着替えが、もっと楽になります。
最近の電動シャワーってすごいですよ。 
水圧強いし!充電もメチャクチャ長持ち!


こちらの記事で紹介しているので、是非見て行って下さい。

 

ポータブルシャワー水圧比較アイキャッチ
おすすめ水圧が強いポータブルシャワー!人気3機種を徹底比較(Laser beak・Z ZANMAX・innhom) 海水浴やマリンスポーツの後、面倒なのが砂や海水ですよね。特にマリンスポーツが好きな方にとっては、海水は道具の劣化を早めてしまう厄介なも...

肉厚で丈夫!全然壊れない!

あと、肉厚でメチャクチャ丈夫です。
前に使っていた、丸いバケツから替えた理由はこれです。

丸いバケツは、取っ手の部分が細く、貧弱でした。
ある程度水が溜また状態で持ち上げたら、取っ手が壊れてしまいました。

引用:https://ienakanote.com/member/125/record/9783/


それに比べて、TOOLSは、全体的に肉厚で、取っ手部分が太く、全く壊れる気がしません!

5年程使い続けていますが、全く壊れる様子はありません。 

スペースにフィットし、省スペース!

四角い事のメリットとして、車等の収納スペースに収まりやすいです。
このようにスペースにきっちり!

正直、丸って収まりが悪く、なんとなく気持ちが悪い・・・
特に几帳面な方は、気になると思います。

 

ポリタンクがバッチリ収まる!

上のスペースと似ていますが、ポリタンクがこのようにバッチリ収まります。

ポリタンクを車で運ぶ場合、倒れたりすると水が漏れて、車内を水浸しにしてしまう可能性が有ります。
その為、倒れないようにするか、倒れてもいいようにしておく必要があります。

対策として、バケツの中にポリタンクを入れる方が多いと思いますが、四角いバケツならこのように綺麗に収まります。

丸いバケツでは、画像のポリタンクでは、1つが限界ですね。

ちなみに、私はポリタンクを、10Lを2つ使っています。

  • 冬場は、1つはお湯で体を洗い、もう1つは水でボードやウェットを洗う様にしています。
    (お湯だと道具が劣化してしまうので)
  • 夏場は、1つのポリで足ります。
    一応、突発的な2ラウンド目に備えて、2つ水を入れておきます。


ボードスタンドや、テーブルの代わりにも代用出来る!

これがメチャクチャ便利です。
壁が厚く、かなり安定していますので、ボードスタンドとしても使えます。

このようにロングボードでも、問題無くスタンド代わりになります。
私は毎回これで、ボードの水洗いをしていますが、落下した事はありません。
風が強い日だけは、注意が必要かもしれませんね。

あと、ひっくり返すとテーブルにもなります。
サーフトリップ中の休憩や、軽食なんかに便利ですね。

まとめ

TOOLS WATER BOXのメリット


 ・広くて着替えがすごい楽
 ・丈夫で全然壊れない
 ・スペースにフィットし易く、省スペース
 ・ポリタンクがバッチリ収まる
 ・ボードスタンドやテーブルの代わりにも代用出来る

価格について
・丸バケツ TUBTRUGS FLEX ・・・ 約2,000円
・四角バケツ TOOLS WATER BOX ・・・ 約3,000円

1,000円程度の価格差なら、四角バケツを買った方がコストパフォーマンスが、全然いいですよ。

最新の価格は、下記リンクから確認下さい。 
※Amazonは、色種類の取り扱いが少ないので、楽天もしくはyahooがおすすめです。

 


引用:https://item.rakuten.co.jp

以上、TOOLS WATER BOXのメリット紹介でした。

良い情報だなと思えば、SNSでシェアをお願いします。




サーフボードプレゼント企画!フォロー&リツイートで応募!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です