Gear

Laser beak ポータブルシャワーを2年間使ってみたので商品レビューします!

Laser beak ポータブルシャワーを2年間愛用してきましたが、そろそろ2年間の中で感じた事や使用感などをレビューしていきたいと思います。

結論から言いますと、ポータブルシャワーの中ではダントツNo1でおすすめです。

そう思う理由を、記事にしていきますので、是非ご覧下さい。

Laser beak 製品スペック

まずは、カタログ上の製品スペックの紹介です。


水量強:4.0L/分 弱:3.0L/分
バッテリー容量4,800mAh
最大作動時間60分以上
充電時間約3時間
充電方法DC端子
出水ホース1.8m
吸水ホース
耐水温5℃〜50℃
重量0.7kg
本体サイズ108×65×65mm

このスペックの中で特筆すべきは、水量 4.0リットル/分です。
今までのポータブルシャワーが、2リットル程度でしたが、それを遥かに上回る水量です。

水量=水圧の強さです。
特に髪や体を洗う場合、水圧が強いシャワーじゃないと洗った気になりませんよね。
なので、水量はシャワーの中で最も重要なポイントです。(私だけかもしれませんが・・・)

また、バッテリー容量4,800mAhと大容量のバッテリーを搭載しています。
使用可能時間がより長くなるので、これもうれしいポイントですよね。

では、実際にカタログに見合うスペックなのか?
紹介していきますね。

2年間使ってみた商品レビュー

シンプルな形がGood!

まずは、実際の商品の見た目がこちらです。
オレンジ色の本体から、ホース&シャワーヘッドが伸びるシンプルな形です。

このシンプルさが大切ですね。
昔のシガーソケット式のポータブルシャワーなんて、ゴチャゴチャして絡まってしまって大変でした。

↑こんな感じで・・・わざわざ使う気にもなれませんよね。

本体部分に電源と、強弱切替用の2つボタンが付いています。

本体は350mlの缶と同じくらいか、少しスリムな感じです。
重さは、缶よりも少し軽い位に感じます。

充電方法は、本体側にDC端子が付いています。

付属の充電ケーブルはDC端子↔USBで、色々な環境で受電可能です。
自宅のコンセントはもちろん、車内やモバイルバッテリーからでも充電出来ます。

自宅のコンセントなら、3時間位でMAXまで充電出来ます。

また、シャワーヘッドを取り付ける吸盤フックや、専用の袋などが付属されています。

水圧がものすごく強い!

では、気になる水圧はどのくらいなのでしょうか?

下の画像は、シャワーヘッドを地面につけて噴水状態にしてみた場合の写真です。

すごいですよね!
かなりの高さまで水が吹き上がりました。

少し画像だと見難いですが、100cmの高さまで、水しぶきが飛んでいます。!!
下手な銭湯のシャワーよりも、強い水圧になっています!


水の出る穴が、普通のものより小さくなっているので、細くて強い水がたくさん出る感じです。
実際にシャワーを浴びてみると、水圧が強く、髪の根元まで洗えている感じがします。

水量を弱にすると、7割ぐらいの勢いに感じます。

本体にモーターが付いていて、常に水の中に潜っているので、作動音は殆ど聞こえません。

シャワー水量は5.6L/分

次は、シャワーの水量を測定してみます。
カタログ値では、4.0L/分でしたが、本当なのか?確かめてみましょう。

シャワーヘッドをポリタンクに入れて、1分間で溜まる水の量を測ります。

よーい スタート!

かなりの勢いで、水が溜まっていきます。

1分間経過し電源を切ります。

結果・・・
5.6L/分!!

カタログ値の4.0Lを遥かに上回る結果でした!!
そりゃあ、あれだけの水圧ですから当然ですよね!


もっと、この性能は宣伝した方が、いいんじゃないでしょうか?

88分の連続使用が可能!

では、もう一つの売りの4,800mAh大容量バッテリーの時間です。

実は購入時に、これに関しては期待していませんでしたが、使ってみてビックリ!!
全然バッテリーが無くなりません!

私は、週に2~3回サーフィンをしますので、その時に使用していますが、
何カ月たってもバッテリーが続くので、逆に大丈夫か?心配になるくらいでした。(笑)

既に2年間使用してバッテリーも劣化していると思いますが、
どのくらい連続運転出来るか?試してみたいと思います。

水を張った浴槽に本体を沈め
スタート! 


水圧は“強”で検証します。

↓30分経過
スタート当初と変わりなく元気ですね。

↓50分経過
商品紹介の文章には『50分の連続使用が出来ます』と書かれていましたが、50分を経過しても元気に水を出し続けてくれています。


↓88分時点でついに・・・

今で『シャー』という音が続いていましたが、一気に静まりかえりました。
最後の最後まで、水圧を弱めることなく出し切って


フィニッシュ!!

結果、88分連続で運転出来ました!!

すごいですね!
2年間使って、この位なら十分すぎる結果です。

デメリットはボタンの区別がつかない・・・

唯一のデメリットとして・・・

強弱ボタンと、電源ボタンの区別がつきません。

使用中は本体が水の中なので、余計に分かり辛く勘を頼りに押すしかありません。
大体間違えてしまいます・・・。

ボタンの形を変えるなど、触った感じで分かるようにして欲しいですね。

総評

使い勝手・水圧・バッテリーの持ちどれをとっても最高レベルです!
私が2年間使って壊れないので、耐久性も問題無いと思いますよ。

ポータブルシャワーを探しているなら、この機種で間違いありません。


上記3社の中では、Amazonが4,000円代の最安値で販売中ですので、Amazonからの購入がおすすめです。

ポリタンクを使う方は下記ポリタンクがいいと思います。
シャワーの本体が太いので、大きな口があるポリタンクじゃないと、入りませんので注意してくださいね。



また、
他の人気機種との比較検証を、下記の記事で行ってみました。
どの機種が最も性能がいいのか?はっきり分かりますので、是非ご覧ください。

ポータブルシャワー水圧比較アイキャッチ
おすすめ水圧が強いポータブルシャワー!人気3機種を徹底比較(Laser beak・Z ZANMAX・innhom) 海水浴やマリンスポーツの後、面倒なのが砂や海水ですよね。特にマリンスポーツが好きな方にとっては、海水は道具の劣化を早めてしまう厄介なも...

以上、Laser beakポータブルシャワーのレビューでした。

『いい情報だな』と思ったら、下記のSNSボタンでシェアをお願いします。

サーフボードプレゼント企画!フォロー&リツイートで応募!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です