その他 サーフギア

サンオイルおすすめ厳選12選!効果や日焼け止めとの違いも解説!日焼けオイルで毎年まっ黒く日焼けしているサーファーが解説。

肌を焼くような照りつける日差し
こんな日には、小麦色に日焼けした肌が問わず良く似合います!

そんな肌を目指して日焼けしたはいいけど、何も対策しないと、肌は火傷して真っ赤にヒリヒリ・・・。
さらに皮が剥けて不潔感MAXのボロボロの肌に・・・。

せっかく焼くならそんな事にはなりたくないですよね。

綺麗に日焼けする為には、サンオイルを塗るのが鉄則です!

そこで、今回はおすすめのサンオイルを紹介したいと思います。

この記事を読んでわかる事

・サンオイルと日焼け止めの違いは?

・サンオイルの選び方

・おすすめサンオイル12選

・シーン別のおすすめサンオイル
(肌が弱い人、マリンスポーツ向けなど)

この記事は、5分程度で読むことが出来ます。

サンオイルと日焼け止めは何が違う?

サンオイルというと、より日焼けをするアイテムと誤解されている方が多くいますが、実は日焼け止めです。

地球上に降り注ぐ紫外線は、“UVA”と“UVB” の2種類が存在しています。

通常の日焼け止めは、両方をカットしますが、サンオイルは“UVB”のみをカットするといった違いがあります。

UVA
サンオイルでカットされない紫外線。

地球に降り注ぐ紫外線の9割は、この”UVA”と言われるものです。
波長が長く浸透性が高い特徴があり、車や家の中にいても常に肌に届いている「生活紫外線」と呼ばれています。

このUVAが肌に届くと、体を守ろうとメラニン色素が作り出され肌が黒くなっていきます。

UVB
サンオイルでカットされる紫外線。

残りの1割がUVBと言われる波長が短く、強いエネルギーをもった紫外線です。
ジリジリと肌が焼けるように感じるのは、このUVBが主な原因となっています。

短時間でも火傷をしたような炎症(サンドバーン)を引き起こし、更にシミやそばかす、色素沈着の原因を作ります。

サンオイルは、肌を黒くするUVAをとおしサンドバーンなどトラブルを引き起こすUVBのみをカットする日焼け止めになります。

肌がボロボロにならずに、綺麗に焼けるのはこういった理由からですね。

サンオイルの選び方

それでは実際にサンオイルを選ぶ際、どういった点に気にして選んだらいいか解説します。

サンオイルのSPFは、理想の色&今の肌の状態に合わせて

サンオイルを選ぶうえで重要な指標になるのは、SPFですね。
UVBのカット率を表しており、数値が大きくなるほどカット効果が高いです。
 
どれだけ黒くなりたいか?でSPF値を決めましょう。
但し、肌が白い人がいきなりSPF0~1を選ぶのは絶対にNGです。

肌の黒さは紫外線への耐性の強さ、白い人は全く耐性が無い状態なのでSPF3~4から徐々に焼いていきましょう。

〈SPF別こんな人におすすめ〉

・SPF4~3:全く日焼けしていない人、日焼けに弱い敏感肌の人

・SPF2~1:毎シーズン日焼けしている人、肌が強い人、既に日焼けしている人

・SPF0:既にかなり焼けていてさらに真黒くなりたい人

サンオイルのタイプはシーンに合わせて

サンオイルにはいくつかのタイプが存在しています。

一番メジャーなオイルタイプの他に、スプレータイプやジェルタイプなどがありますので、それぞれの特徴を紹介します。

スプレー・ミストタイプ

ワンプッシュで広範囲に広がるスプレータイプは、手軽さ抜群!

背中など一人では手が届かない部分もスプレータイプなら簡単に塗る事が可能です。
一人で出かけるときや、こまめに塗りなおしたい場合におすすめです。

デメリットとして、スプレータイプ最も流れ落ちやすいので海水浴などには向きません。
但し、ウォータープルーフタイプで水に強い商品も出ています。

オイルタイプ

最もメジャーで古くからあるのがオイルタイプ。
オイルなので、水や汗に強く海水浴やマリンスポーツで使う場合はこのタイプが最もおすすめです。

デメリットとしては、べたつきやすい点ですね。
スマホがベトベトになったりしますので、手のオイルはしっかり洗い流しておきましょう。

ジェルタイプ

オイルタイプよりも伸びが良く、簡単に塗ることが出来るのがオイルタイプ。
オイルを含まないので、べたつかずサラッとした使い心地のものが多いです。


ウォータープルーフでないと、簡単に流れ落ちてしまうので注意が必要です。

サンオイルおすすめ12選

スプレー・オイル・ジェルの順番で、実際におすすめの商品を紹介していきます。
是非参考にして下さい。

スプレータイプ

コパトーン タンニング ウォーターSPF4

メーカー大正製薬
SPF4
防水性×
内容量200ml

サンオイルでNo.1シェアを誇るコパトーンから発売されている“タンニング ウォーターSPF4”です。

ウォーターベースでベタつきを抑え、サラッとした軽いつけ心地が特徴になります。
スプレータイプで塗りやすく上、アロエやキャロットを配合しており肌のうるおいもキープできる優れもの

SPF4とカット効果が高いので、肌が明るい方や敏感肌の方におすすめです。

ウォータープルーフではなく水に弱いので、その点は注意して下さい。

コパトーン タンニング ウォーター SPF2

メーカー大正製薬
SPF2
防水性×
内容量200ml

上記で紹介した“タンニング ウォーターSPF4”のSPF2バージョンです。

特徴は同じですが、SPF値が低いので既に焼けている方にはこちらをおすすめします。

アスリートプロ サンオイルスプレー

メーカーBRISA MARINA
SPF2
防水性〇 ウォータープルーフ
内容量120g

ブリサマリーナのスプレータイプのサンオイル

ミストタイプのスプレーなので粒が細かくムラを最小限に抑える事が出来ます。

アロエベラエキスを配合し保湿も同時に出来るうえ、べたつきを抑えサラっとした手触りで使い心地抜群!
 
さらに、スーパーウォータープルーフで汗や水にも抜群の強さを発揮します。
スキが無いおすすめのサンオイルです。


オイルタイプ

トロピカル サンドフリー ハワイ

メーカー大正製薬
SPF2
防水性◎オイルタイプ
内容量120ml

コパトーンからSPF2のサンオイル。

「サンドフリー」という商品のとおり、べたつきが無く砂が付いてしまう心配もありません。

オイルタイプですので、水や汗への強さも抜群です。 

ゴールデン タンニングオイル

メーカーブラックコング
SPF0
防水性◎オイルタイプ
内容量180ml

ブラックコング のゴールデン タンニングオイルです。

パッケージのとおり、まっ黒く日焼けしたい方におすすめ。

日焼けした後の乾燥を防ぐキャロットオイルも配合、皮むけなどを予防し綺麗な肌を維持してくれます。

アグリー サーフ サンオイル

メーカーアグリー
SPF0
防水性◎オイルタイプ
内容量140ml

長年に渡りカリフォルニアサーファーに愛されるアグリー サーフ サンオイル。

環境や肌への影響を意識し、ノンシリコン&パラベンフリーの素材で仕上げています。

香りはウッディムスクで、森林をイメージさせるような木々のやさしく深みのある香りが楽しめます。

もちろん耐水性は抜群!
それが長年サーファーに愛されている理由です。

ジェル・ローションタイプ

ゴールデン タン オイルフリー ローション

メーカー大正製薬
SPF4
防水性〇ウォータープルーフ
内容量130ml

オイル無しでべたつきが少なく、扱いやすいローションタイプです。
伸びが良く塗りムラ・焼けムラが出来にくいのがうれしいですね。

ウォータープルーフなので安心して使用できます。

ホロホロジェル ゴールド

メーカーサンヨージャパン
SPF0
防水性×
内容量250g

ホロホロジェル ゴールドは日焼けマシン専用オイルです。

塗りムラを防げる伸びの良さ、日焼け時の乾燥を防ぐ保湿は抜群です。
但し、水には弱いので海などでは違うオイルをチョイスしましょう。

カリフォルニアタン レイジ

メーカーナジャペレーネ
SPF0
防水性×
内容量130ml

「太陽を浴びて、日焼け前の肌よりさらに健康に美しくなる」というコンセプトを掲げているカリフォルニアタンのサンオイル。

綺麗に黒く焼けると評判で世界的な人気を誇っています。

但し、水には弱いので注意が必要してください。

カリフォルニアタン ヒーリックス

メーカーナジャペレーネ
SPF0
防水性×
内容量130ml

上で紹介した“レイジ”より更に黒くなりたい方におすすめなのが”ヒーリックス”です。
ダークブロンズの肌を目指す方にはおすすめですよ!

こちらも水には注意が必要です。

シーン別のおすすめオイルは?

たくさんのサンオイルを紹介しましたが、よくあるシーン別に最もおすすめ出来るサンオイルを選んでみました。

このチョイスなら間違い無し!
是非参考にして下さい。

肌は白いけど、これから焼きたい方におすすめ!

肌の白い人は、日焼けする為の肌下地が出来ていない状態です。

この状態で強い日差しを浴びる場合、SPFが高いサンオイルでないとサンドバーンを起こす可能性があります!

おすすめのサンオイルは、
SPF4の強いカット率で、流れ落ちにくい ゴールデン タン オイルフリー ローションです。

使い心地もサラサラしてべたつかないので、普段使いとしても活躍できます。

化粧した後でもOK、普段使いにおすすめ!

化粧を崩さずサンオイルが塗れるのは、ブリサ マリーナ のみ!

ミストタイプのスプレーで、化粧も崩れにくくサラッとした使い心地です。

ウォータープルーフ仕様なので、汗にも強く落ちにくい。
女性にはうれしいサンオイルです。

海でまっ黒に日焼けしたい方におすすめ!

もう日焼けしているけど、もっとまっ黒くなりたい!!

という方には、ブラックコング ゴールデン タンニングオイルがおすすめです。

パッケージのとおり、真っ黒なコングを目指しましょう。

乾燥を防ぐキャロットオイル配合、皮むけなどを予防し綺麗なボディへ!

サーフィンなどのマリンスポーツにおすすめ!

サーフィンなどマリンスポーツの時には、こちらのアグリー サーフ サンオイルがベスト!

塗り直しが中々出来ないマリンスポーツ中、流れ落ちにくくキープ時間が長いので助かります。

以上、おすすめサンオイルでした。

良い情報だなと思って頂けたら、下のSNSボタンでシェアをお願い致します。

関連記事
その他 サーフギア

最高のバケツ!TOOLS( ツールス)四角いバケツ! 私がおすすめする理由を解説します。サーフィン・ウェットスーツを脱ぐときに大活躍!

2019年8月3日
Hako-Boarders
サーフィンやダイビングを楽しんだ後、面倒なのが片付けですよね。その片付けを楽にする為のアイテムとして、定番なのが画像にある大きめのバケツです …
その他 サーフギア

FINPULLER (フィンプラー)徹底レビュー FCS2フィンをサーフボードから簡単に着脱する事が出来るのか?使い方も紹介していきます。

2019年6月8日
Hako-Boarders
現在、主流となっているフィン着脱システムのFCS2これまでと違い、ねじを回して着脱する必要が無く、ワンタッチでフィンを切り替えれる為、画期的 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です